ほととぎすの本手いけ
作者/三世家元 角田一忠
花材/ほととぎす
花器/銅製尊式
ほととぎすは、花の内面にある濃紫色の斑点が、夏鳥の胸の斑点に似ているところからついた名称です。上向きに咲く花のつつましさと、規則正しく並ぶ葉のたたずまいに、いかにも秋草らしい風情がみられます。撓めにくい草なので、自然の振りと葉付きの特徴をよく生かして素直に扱います。ここではデリケートな持ち味を生かして、一種でいけました。