動感ある野いばらの野生味をいかす
作者/三世家元 角田一忠
花材/野いばら、紫陽花(残花)
花器/緑釉八角水盤
花型/生花
野いばらは野ばらとも呼ばれ、文字通り野原に生えるばらです。よく枝分かれしてこんもりとした茂みをつくり、白や薄紅の素朴な五弁花を咲かせますが、花材としては主に秋の実の時期に使用されます。葉を落とした枝の先端部につぶらな赤い実をちりばめた姿は、旺盛な動感に満ちてまことにおもしろいものです。ここでは、斜真型の花型で、その野生味あふれた趣をいかしてみました。季節の情感をいっそう高めるために、根締めには雅味ある枯れ色の紫陽花の残花を用いました。