掛け花で照り葉の佗びた趣を楽しむ
花材/夏椿(照り葉)、小菊
花器/えびす籠
花型/折り入れ
夏椿は椿に似た花を夏に咲かせるところからその名がありますが、葉は椿とはだいぶ感じが違います。常緑で厚く光沢のある椿と比べると、やや薄くかさかさとした乾いた質感があり、晩秋には落葉します。その時期に冷気や霜に当たって赤や黄色に色づくことがあり、特につややかに紅葉した照り葉を賞美してみました。佗びた趣に合わせて掛け花とし、白い小菊で照り葉の彩りをきわ立たせましたが、うっすらと湿る程度に壁に霧を打ち、しっとりした雰囲気を出しています。